株式会社 太郎フーズ

帽子アイコンブログ

人生はドラマ!

2010年02月19日 | コメント(2)

みなさまこんばんは。

4年に1度のスポーツの祭典、バンクーバーオリンピックが開催されてますね。

見てますか?

私も見てます~ってゆっても、日本の真昼間に決勝などのメインイベントやってますもんね。

ライブで見たい~と思いながら、携帯なんかの速報でいちいちチェックしてます・笑

でも!今晩の男子フィギュアのフリーだけは先に結果を知りたくない!!

家に帰って録画してるのを、選手や観客のドキドキ感そのものとともに見たい!と楽しみにしています♪

日本の3選手はもちろん、アメリカのジョニー・ウィアって選手が楽しみでしょうがない~。

最近知ったんだけど、めっちゃかわいいの。あー楽しみ♪

スポーツってほんと、美しいですよね。

かつてメイクドラマって言葉が流行語大賞になったけど、本物のドラマがそこにある。

とくに4年に1回のオリンピックだもの。

その感動たるや、見るものの心を打たないわけはなく、真実に勝るものなんて、ないんですよね。

 

ある選手が言ってました。

 

   難題のない人生は「無難な人生」

   難題のある人生は「有り難い人生」

 

なるほどな~日本語ってすごいな~と思ったけど、ほんとにそうですよね。

それこそが、ドラマを生むんですよね。

 

世界一を目指そうとしてる選手たちとは次元がちがうけれど、人生はドラマだもの。どんな人生にも難はある。

難があることが有り難いことなんだってわかれば、乗り越えようとする勇気がわいてくる。

全ては、感謝の心なんだなって、改めて教えていただきました。

 

ほんとに、プリン売れなくて嘆いてる場合じゃないな。

いや、売れてるんですよ、でもね、まずは買ってくださるお客さま、置いてくださる店舗のみなさま、

プリンができるまでに携わってくれている全てのみなさまに、改めて感謝ですね。

ほら。

201002191631000.jpg

そうそうたる大阪土産にはさまって、新参者ですが、見事、4位にランクインしてます!!

みなさまのおかげ。本当にありがとうございます。

感謝を忘れず、毎日を頑張ります☆

 

 

 

 

 

 

あともうちょっとです!

2010年02月12日 | コメント(0)

本日有休取ってる人は昨日の建国記念日とあわせて4連休ですね。

不景気なのにそんなんできんの~?

とか思ってましたが、おとといの水曜日は、道頓堀も新大阪も、たくさんの人でにぎわってましたよ。

2月って学生さんはもう春休みなんですね。卒業旅行で大阪にも若い観光客のかたがたくさん訪れているみたいです。

すごい人といえば、阪神百貨店の地下の行列すごいですね~。

グーテ・デ・ロワ?だっけ。あのすごーく美味しいラスク。

あれ昔からあるのにね。関西初出店なのかな、ゆえの、あの行列?

私のおばあさまが、埼玉県熊谷市って海も山もない遊びに行っても暇を持て余す(熊谷のみなさまごめんね・笑)とこに住んでるんですけど、

そこにある八木橋ってデパートにそのラスクが売ってるので、いつもおばあさまが送ってくださるの。おほほ。行列知らずでしてよ~。

てゆうてもこの現代。並ばずとも通販で買えるはずなのにね。大阪の人は並ばへんってゆうのに、すごいわぁ。

 

さてと、グーグルニュースみてたら、「くいだおれ太郎さんが橋本知事と地域振興券をPR」なるニュースがでてました。

その中で太郎さん、3月にはくいだおれ太郎スウィーツとしてクッキーやケーキが発売されるって言っちゃってましたね。

そう、早くみなさまにお知らせしたくてしょうがないんですけど、今急ピッチで最後の仕上げに入っているところ。

まだ完成形にはなってないので、しばしのお待ちを。としか言えないんです。。

でもでも、またまためっちゃ美味しくてめっちゃかわいいのが出来上がりそうです♪

完成したら、いち早くみなさまにお披露目したいと思うので、楽しみに待っていてくださいませね。

 

では、素敵な週末をー。ハッピーバレンタイン!

 

 

 

パンドラへの旅

2010年02月08日 | コメント(0)

横綱・朝青龍、あっさり引退しちゃいましたね。

すぐにハワイに飛んじゃうなんてなんとも彼らしい。ほんとに奔放だこと。

それにしてもいいなぁ~ハワイ。私も非日常の世界へトリップしたいわ。

 

あ、昨日ちょっとだけしたかも。3時間。

そう、アバターを見たの。

CM見て、なんだか気持ち悪そうだからいいやーなんて思ってましたが、見た人がみんな

「すごかった!」「おもしろかった」とか言うし、アカデミー賞のノミネート数もすごかったみたいなので。

 

せっかくなので3Dで。そして助言に従って字幕じゃなく吹き替えで。

感想はね、もう、映画見てこんな疲れたことないわ~てくらい、ほんまぐったり疲れました。

そしてめっちゃ汗かきました。

ストーリーは、あんまり頭使って考えなくていいようにできてるんだけど、あの3Dの奥行き深い世界にどっぷり浸かってしまって、ハラハラドキドキしっぱなし。

映像の美しさはほんとに素晴らしく、そしてそこへの引き込まれっぷりもまた素晴らしく、

見たというより、私もパンドラに行ってきて、一緒に空を飛び、一緒に戦ったかのような疲れっぷり・笑

これ字幕やったら目ぇまわってたかも。

 

でも、単純なストーリーの中に、人間のエゴと地球の間で起こっているたくさんの問題に対する、わかりやすいメッセージが込められていました。

女性が強かったのが印象的だったな。

めっちゃ疲れるけどこれから見るなら、3Dでのパンドラへの旅を是非オススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組織たるもの。

2010年02月04日 | コメント(0)

昨日の節分。

西南西てゆってんのに、思いっきり東南東のほう向いてまるかぶりしてました・・。

ちゃんと食べなおしましたよ。ちっさい巻きずしでよかった。

 

そんなことより、安治川親方協会残留だって。

よかった~。

でも、一門の壁を越えようとして勇気ある行動に出たのに、協会もそれは承知の上で辞めなくていいよ、ってゆってんのに、

「協会に残って、相撲の仕組み、一門、部屋のあり方をもっと学ぶべきだ」って友綱親方。

え~、これじゃ何も伝わってないじゃん~。

この旧態依然はそうとう根深いものがあるようですね。

残ったところで前途は多難だろうなぁと思わずにはいられないけど、どんな状況にあっても、信念を貫いて欲しいと応援します。

 

相撲協会ってひとつの組織。

どんな組織であれ、その発展を願うなら、この組織に入りたい!!ってみんなが思うような組織にしていかないと。

私にもし子供がいて、力士になりたいって言われても、今の相撲協会に育てて欲しいなんて思えないもん。

全力で反対すると思うわ。

革命を起こそうとする熱意をもち備えてたら考える余地はあるかも知れないけどさ。

会社もそうだよね。

あそこで働きたい!って志望するもんでしょ。自分がよりよく成長するための仕事であり、組織だもの。

若い世代の相撲離れを嘆く前に、もっと客観視して、いい組織作りをしていくことに心を砕かないとね。

先細りは目に見えてるわ。

 

それに引き換え、うちの会社はいい組織ですよ。

採用の予定は今のとこないけど、いつでも胸を張って、素晴らしい会社ですって言えますよ。

なんかおもしろそうなことしてる会社だなぁ、とか、そうゆう風に思ってもらえる会社、目指します☆

 

 

嘘をつかない勇気。

2010年02月03日 | コメント(0)

あ~、寒い寒い寒いー。

外から戻ってきたらもう手が冷たくって冷たくって。

給湯室に直行して温かいお湯で手の感覚を戻しています。おー、さむ。

 

早くも2月に入り、今日は節分。

お客様のとこで巻きずし売ってらしたので、買ってきました。

今年の恵方は西南西?帰って食べなくちゃ。でも1本まるごとしゃべらずに完食ってのはきっと今年も無理だと思うわ。

 

さて、最近感動したのは安治川親方。

進退をかけて、人生をなげうってでも「変えてほしかった。」協会のあり方って、ほんとにどこまで希望が見えなかったんでしょう。

造反者探しまでして、ほんとにいい大人が何幼稚なことやってんだかって感じです。

 

私、3月になると春場所でお茶子さんのアルバイトさせてもらってたので、相撲協会は身近な存在だけど、まぁそうよね、あれほど年功序列な世界も今や珍しいかも。

中学生のころは貴乃花の大ファンだった私。まだ貴花田のころか。

当時の二子山部屋なんてバリアすごくて近づけなかったけど、バリアのゆるい近所の相撲部屋に朝稽古見に行って、そっから学校通ったりしてました・笑

当時は若い子からお年寄りまで、みんな相撲から目が離せなかったもんね。

貴乃花親方は、あの時代をよみがえらせたいんだろうなぁ。

あのころのように、府立体育館に早朝から長蛇の列ができるのを、見てみたいなぁと思います。

 

何はともあれ、自分に嘘をつくことなく、信念を貫いて行動する勇気ってほんとに喝采もの。

「頭より心が動いた」って語る安治川親方の潔さに拍手です。

これだけの革命的な出来事が起きたんだもの、これからの協会がどう変わっていくのか、ほんとに楽しみです。

 

信念を持って、自分に嘘をつかず、正義を貫く勇気。

どんな世界であっても、大切なことですよね。

これからの安治川親方の人生に、幸多かれと願うばかりです。